万創工・かっぱさんの記録

かっぱさんがインターネットの片隅に残す生存記録(雑記ブログ)

ネットで見かけたSNSについての記事

こんにちは、かっぱさんです。

どうやら、今年は猛暑になる見込みのようですよ。

これから毎週、「今年一番の真夏日」とか言う言葉が、TVから聞こえてきそうで気が気ではありません・・・。

 

 

f:id:dev-kappasan:20180422213808p:plain

ブログのネタを求めてネットのニュースを見ていると、こんなニュースを見かけました。

gigazine.net

 

記事の内容ですが、タイトルから感じられるような、各種有名SNSを一軸で順位付けしたものではなくて、細かい要素分けをして「±」を評価していますので、お時間がある方は見ていただくといいなぁ、と思う程度には興味深い内容です。

 

 

この記事では、メンタルヘルス的に(つまり精神衛生上)最も悪い影響を及ぼすのは「Instagram」といった結果になっていますが、以前にも「とあるSNSが精神衛生上よろしくない」といった記事を見かけたことがあります。

そのときは「Facebook」が矢面に立たされていて、理由としては「他人のいいところばかり見るのは精神衛生上、良くない」といった内容だったと思います。
(ネタ元の記事は見つけれませんでした・・・)

 

今日見かけた記事では、Instagramについて

「Body Image(自分の容姿)」という要素で、若者の精神的な健康に悪影響を与えている

人気ソーシャルメディアの若者のメンタルヘルスへの影響調査、最高なのはYouTubeで最悪なのはInstagram - GIGAZINE

とされています。

確かに、年代的に一番比較しやすく・されやすく・行動に影響が出そうな部分ですよね。

 

 

でも、「比較しやすく・されやすく・行動に影響が出そうな部分」というのであれば、あらゆる世代にも適用される話で、他人の発信しているものを見れば見るほど、自分との比較が発生するような気がします。

 

実際は「白鳥は水面下で・・・」ってことが多々あるわけですし、そもそも「ドヤッ!」って言うときはなんぼか盛られているわけで、スゴイことばかりが目にとまります。

ましてや、SNSっていうのは自分がいる界隈の情報が、自然と集中するものなので、良くも悪くも「比べる」状況には事欠かない、ってわけです。

 

そんな社会的背景もあって「他人と比べる必要がない」っていう言説も流行ってくるやろうなぁ・・・、と思いました!!
(小並感w)

 

 

それでは、また。

 

ヒトカラはイイw

こんにちは、かっぱさんです。

またしても、連続投稿が途切れてしまいました。
性格的に継続性に欠ける部分が露呈していますね・・・orz

まぁ、それでも懲りずに雑記投稿ですw

 

 

f:id:dev-kappasan:20180421155257p:plain

自分が好きなものの中にカラオケがあります。

最近は、一緒に行く人間も減り、女の子がいる店で歌うような習性もないので、もっぱらヒトカラ(お一人様カラオケ)です。

 

 

カラオケというのが健康に良い、というのは言われることがありますが、ヒトカラはそれを上回る、というかそれに加えて素晴らしいところがあると考えています。

ということで、ヒトカラの素晴らしいところをダラッと書いていこうと思いますw

 

大声を出すことはストレス解消になる

「海に向かって叫ぶ」「山に向かって呼びかける」などというのは、開放感の象徴的行動ですよね。

 

それだけでも、大声を出してスッキリできそうなもんですが、それとは別の角度で考えてみます。

ついつい声を荒げてしまうシーンはどんなときでしょう?

  • 発言が否定されたとき
  • 思い通りにいかないとき
  • 不本意なことを押し付けられたとき

意識・無意識問わず、拒否的な意思表示を行うときに声が荒ぶることってないですか?

 

人間は、強いストレスが働くと本能的に、これを回避・緩和する行動を取るらしいです。つまり、そういうときに起きる「大きな声を出す」というのは、ストレス解消となる証左ではないかな、と。

 

もちろん、威嚇的な意味合いで声が荒ぶることもあるかと思いますが、これも優位性を見せて安心を得る、という意味では、ストレス緩和ってことですよね。

 

 

深い呼吸は健康にイイ

呼吸ってのは健康に深く関わっています。
腹式呼吸による健康法をはじめ、ヨガとかでも呼吸に着眼したものとか多いですよね。

 

人間の身体活動には、外気から酸素を取り込むことが必要です。
つまり、より効率よく酸素を取り込めれば、体に良いわけですよね

 

で、呼吸ってのは「吸う」と「吐く」があるんですが、吐かないと吸えないんです。
延々と吸気できるんであれば、そちらを鍛えればいいんでしょうけど、そうはいかないわけです。

なので、息を吐くことを鍛えるのがいいわけですが、それにはカラオケで声を長く発するってのが持ってこいなわけです。

 

伸びが良く、歌い上げると気持ちいいですし、息を吐く鍛錬にもなる、といった算段です。

 

 

脳みそは自分の声が好き

 そういう話があるらしいです。

自己認識的な「好き」「嫌い」というものではなくて、本当の意味での「生理的」に好む、ということだと自分は認識しています。

 

理由はないけど落ち着く、という感じじゃないでしょうか?

自家発電のエコな癒し、なんて素晴らしいしゃないですか!

 

 

ここまでは「カラオケ」の良いところですね。

以下が、これに拍車をかける「ヒトカラ」の素晴らしいところです!!w

 

 

上手い下手を気にしなくていい

一人なわけですから、誰の目をはばかることがありましょうか!!

声が出てなかろうが、歌詞がうろ覚えだろうが、問題ありません。

 

上手下手だけじゃないです。

TPOをわきまえない選曲が許されます。 

 

さすがに取引先の年配のお偉いさんを前にして「初手・筋肉少女帯、二手目・マキシマムホルモン」とかは、できないでしょう???w

 

 

時間を気にしなくていい

一人ですから、行くタイミングも、歌う時間も自由自在です。


「ちょっと、1曲・・・」というのでもOK。 

打ち合わせの間に「ウオォォォッ!!」ってのもOK。

夜中、突然、というのもOK。

「行くぜ、耐久3時間」で同じ曲をぶっ続けるのもOK。

 

チョ~、お気楽です。

 

 

安価におさえられる

結構、安く抑えられます。

昼飯の代わりに行けば、なかなか充実した雄叫びタイムが確保できます。

自分がよく行く店だと、1時間¥500ぐらいです。

 

ちなみにこちらのチェーン店の1・2カラオケってやつですね。

www.kaikatsu.jp

  

 

最近、何をよく歌うか?

まぁ、40代のオッサンのラインナップではないですねwww

「こいつ、いけるクチやな・・・」と思われた方は、いつかご一緒しましょう!

 

 

 

それでは、また。

 

 

 

「意図せずに伸びたツイート」

こんにちは、かっぱさんです。

今日は、余裕をもってのエントリーですw

が、超短文ですwww

 

 

最近は、投稿クイズサイト(クイズ バーチャルユーチューバー)にかかりっきりだったりするわけですが、サービスのTwitterを運用していて、ふと思ったことがありました。

 

 意図せずに伸びたツイートは
 後付けでも理由をつけた方がいい

 

素晴らしい分析理論にのっとったものである必要も全くなくて「この言い回しがウケたのか?」程度のもんであっても、理由をつけた方がいいな、と。

ノーヒントでガムシャラにやったことを見直すタイミングが得られる、というのと、次に行うときに手がかりになる、というのが大きな理由です。

 

というか、それを実感できたのがいい経験でした。

 

そもそも、分析というのは起きた後にするもんやしなぁ、とか今更ながら気付いた次第です。

 

 

それでは、また。

 

 

 

最近、(偉い)公務員の女性問題の発覚が多い気がする

こんにちは、かっぱさんです。

寝て起きたときが日付が変わるタイミングですよね??

ということで、連続投稿継続と言い切る体たらくでございます。

 

 

本日の雑記ははタイトルの通り。

ãã¥ã¼ã¹çªçµã»ã¯ã¤ãã·ã§ã¼ã®ã¤ã©ã¹ã

もともと、ワイドショーとか情報バラエティとかを見る頻度は低い人間だったので、

 

 ワイドショーって
 こんなもん

 

と、言われると「そうなんやぁ・・・」って感じになるんですけど。

 

 

見当違いな憶測をたてると、政権関連の問題を少しでも薄めるために、とか思ってしまうわけやけど、まぁ、これは当たってないですよねw

 

ただ「バラエティ」の名の通り、幅広く情報を取り扱った結果、不祥事のオンパレードになってる、ってのは当たってる気はします。

MLBの話題とかもあるのは、分かってますよ)

 

 

SNSとかが発達して、個人での発信・社会問題の多様化が表に現れた結果、いろんな情報が出版社や放送局に流れるようになっただけ、って話もあるとは思うんですが、そんな社会になったんやから、それなりに振舞って欲しいなぁ、と思う次第です。

お仕事は大変やと思うんですけど、それなりのお給金もらってる方々に見えるので。

 

 

 

それでは、また。

 

Twitterのフォロワー集めについて(16)

こんにちは、かっぱさんです。

先日、見事に連続投稿がついえてしまい、残念至極、でござい。
次の目標は、10日連続、ですね。
(現在、2日目ですw)

 

 

今回はTwitter botの悲報でございます。

f:id:dev-kappasan:20180121181114p:plain

 

端的に申し上げますと・・・。

 

 実験用アカウントが
 全て使用不能になりました
 (ロックされました)

 

自動でフォロワーさんを集めよう実験、今回の範囲では大失敗、といった結果になります。

 

懲りずに別のアプローチで行おうとは思うのですが、今回の実験から得た次回への知見をまとめておきます。

 

  • アカウント作成直後に、すぐにAnalyticsがを有効にする
    (設定直後は機能しない)
  • アカウント作成直後はしばらくはおとなしめの運用を行う
    (新規アカウントは不安定なため、bot運用でのロックがかかりやすい)
  • bot用アプリは各アカウントごとに設定する
    (スパムアプリ扱いされやすい)
  • 自動運用頻度の調整は、一週間以上をあけて行う
    Twitter運営もすぐには対応しない)
  • ツイート数/フォロー/フォロワー数が少ないと目をつけられやすい
  • 1日1回はログインする
    (頻度が少なすぎるアカウントはロックされるし、状況把握を素早くしないといけない)
  • 数値的に3,000以上のフォロワーは「いいねした人全員フォロー」「RTした人全員フォロー」へのアクションのみで得られる
    (独自色のあるツイートをしていなくてもOK)

 

懲りずに行うは行うんですが、ロックされるとマズイアカウントもあるので、そちらへの波及を考え、しばらくはおとなしくしておこうと思います。

ですので、実験についての数値報告は、少し先になるかと思います。

 

 

それでは、また。

 

今さらながら「STEINS;GATE」を見始めた

こんにちは、かっぱさんです。

見事にボーナス終了、クレジット内で引き戻し、といった今日、皆さまはいかがお過ごしでしょうかorz

 

ネタがなかった、とか、書く気が起きなかった、というわけではなく・・・。

 

 気が付くと朝でした

 

晩飯の後、横になってうつらうつらしてたら、朝。

戻れ、12時間・・・。

f:id:dev-kappasan:20180226103956p:plain

 

STEINS;GATE」という、昔のアニメを見始めました。

2011年のアニメだったみたいですね。

放映当時もタイトルは知っていたんですが、内容とかは一切知りませんでした。

steinsgate.tv

 

 

鑑賞のきっかけ

「バーチャルユーチューバー」の話題が活発になってから「このウェーブに!!」といった感じで、波打ち際でクイズサイト(クイズ バーチャルユーチューバー)をやってる自分なんですが、その界隈の会話でとある言葉を目にしました。

「世界線」という言葉です。

「『世界観』の間違いか?」と思って調べて、作品の名前が目にとまりました。

 

もうひとつは、今期に続編が放映されていて、そちらのせいで昔聞いていた作品のことを思い出した感じです(ちなみに、今期のやつはまだ、見ていません)

 

 

 

感想

まだ、見終わっていないんですが、楽しく見ています。
(作品自身は「楽しさ」を題材にしたもんではないですけど・・・)

 

 

 

・・・・

うおぉぉい、それだけかいっ!!

って感じですが、ブログを書き忘れてパニくった人間のたわごとでございますw

 

 

それでは、また。

 

違法ダウンロードサイトについて

こんにちは、かっぱさんです。

ガチでブログのことを忘れていた22時ですw
ちょっと、昼に驚きの出来事がありまして、頭からスッポリ抜けておりました。
(とりあえず、8日連続、一週間坊主もクリアですw)

 

 

éæ³ãã¦ã³ã­ã¼ãã®ã¤ã©ã¹ã

 

最近、特に大きく話題になっていたように見られたので「あぁ、〆られたのね・・・」なんて思っていたところに、下記のニュースが目にとまりました。

 

rocketnews24.com

 

「懲りないなぁ・・・」

 

ちょっと前に「政府がアクセス制限をかける」と言った話が上がってました。

そのときは

 「ほんまにやるんかいな・・・」

って、半信半疑やったんですよね。

 

 「実施しても、イタチごっこ
  やろうしな・・・」

とも思ってましたし・・・。

 

そもそも、海外サーバーな上に体裁に逃げ道が用意されてる、って話だったので、そもそも取り締まれないという厄介者。

だから、道を閉じてしまおう、ってのがアクセス制限。

 

実際の店舗に置き換えた場合、かなりのダメージになります。

でも、Webなので2、3クリックの作業で1日放置したら、アクセス制限を回避することが可能なわけです(多少、盛りましたが、容易な作業でコストも安い、ってことで)

 

今のままだと、「それじゃあ、次のところもおさえて・・・」って話になります。

ここらは勝手な推測となりますが、現状のアクセス制限にかかるコストを100とした場合、サイトが引っ越しするコストって、1にも満たないと思われます。

 

逃げる側は、やったら儲かるので当然やる。

制限かける側は?となるとどうなんでしょう・・・。

 

 「法整備して、

  アクセス制限を

  かけやすくしよう」

 

となるんでしょうか?

それは勘弁してもらいたいところです。

アクセス制限自身よりも、その周辺の行為を容認されるのがコワイですね。

っていうのがあるので、半信半疑、だったんですけど・・・。

 

どうせ整備するなら、取り締まる方向でやって欲しいなぁ、と思う次第です。
(やってるでしょうけど、通信の機密性は重要ですから、なかなか進まないのかなぁ、と半ば諦め・・・)

 

 

それでは、また。